特定の薬を飲んでいなければ、特に副作用の心配はない

お茶職人が作った美味しい青汁、神仙桑抹茶ゴールドですが、飲んでいて何か副作用はないのでしょうか。あるとすれば気を付けなければならないですし、飲んではダメな人は購入前にその情報を知っておかなくてはなりません。

 

ここでは、副作用があるのかどうか、また、あるとしたらどんな副作用なのかと、その注意点に着目しました。

 

安全性に問題はない

妊婦さんにも安心して飲んでもらえるという神仙桑抹茶ゴールドですが、その根拠には4つの理由があります。

 

  1. 農薬を全く使用していないこと
  2. あえて検査基準の厳しいドイツの分析研究機関に依頼し、残留農薬ゼロであることを証明されていること
  3. 高品質で、高い技術の進歩を常に行っていること
  4. 自社の農園を持っており、原料作りから携わっていること

 

これらの理由から、安全性には問題ないとされています。原料が、桑の葉、緑茶、シモンのみというシンプルさで、余計な添加物等は一切入っていないため、安全性には問題がないとされています。

 

桑による副作用

神仙桑抹茶ゴールドは、青汁には珍しく桑を使用しているのですが、桑による副作用は今までに特に報告はされていないそうです。明確な摂取量の基準もありませんが、臨床実験では1.8g程度の桑の葉が使わることが多いとのことです。

 

これは副作用とは言えないようですが、人によってはお腹が突っ張った感じたしたり、おならが出やすくなることはあるそうです。

 

桑を摂取するのに注意が必要な人

念のため、妊娠中の方や、授乳中の女性、また、糖尿病の治療を受けている人は、主治医に神仙桑抹茶ゴールドを飲んでいいか確認をしましょう。

 

薬を飲んでいる方は、特に併用が可能かを聞く必要があります。桑の葉には血糖値を下げる働きがあるのですが、薬によっては同じ効果があると相乗効果で血糖値が下がりすぎてしまう可能性があります。低血糖に陥ることがあるので注意しておきましょう。

 

まとめ

基本的に、神仙桑抹茶ゴールドを飲むことによる副作用はないことがわかりました。気を付けなければならないのは薬を処方されて、普段から飲んでいる人ですね。

 

普通は、薬との併用が大丈夫かどうかを聞くのは青汁に限らず、口に入れるものなら聞くのが普通です。良かれと思って飲んでいるのに逆効果であれば飲んでいる意味がありません。健康に過ごすためには、自分の身体のことは自分でしっかり管理する必要があります。